高額紙幣無効のニュース

インドの高額紙幣無効のニュースにはびっくり。

でも、首相のモディさんは2年前の就任時から、低所得者や教育が低い人など、銀行口座を開けないような人たちでもIDさえあれば口座が開けるという政策を始めていました。残高がなくてもOK。その時から、このブラックマネーを炙り出す政策を考えていたのかなと思うと、すごいなぁと思います。

インドでは、汚職や賄賂、インフレ、テロ、環境汚染、貧富の差など、日々に本当にうんざりしている人々も多く、それに加えて蔓延る脱税や不正所得。何かが変わらなければもうだめになる…というような停滞した雰囲気を感じることがあります。モディさんは変えてくれるという期待感が大きく、今回の政策も混乱していますが、みんな協力的のよう。



しかし。トマスさんとやり取りをしていると、状況は深刻。結局リッチな人々には何の影響もなく、一日の限度であるRs4000を得るために一般の人々が丸一日銀行に並び、仕事は全てストップ。状況が把握できずに自殺する農民、治療費が払えず亡くなる子供、銀行は攻撃され、現金がなく食べ物も買えないために穀物の盗難が相次ぐ。

変革には犠牲が必要なのでしょうが、普段から困難にある人々ばかりが犠牲にならなければならないのは本当に胸が痛みます。政策は良いけど、もっと準備が必要だったと、トマスさん。

でも、アメリカの大統領選の結果よりも、インドの高額紙幣無効のニュースよりも、私には、日印原子力協定に調印のニュースの方が衝撃的でした。もう原子力はやめた方がいいのではないでしょうか…。

私も生活のあり方を改めたいです。


コメント