ピーナッツ

ケララへは朝7時のフライトでデリーからコーチンへ。コーチンの空港で少し待ち、一番近い鉄道駅のアンカマリーへリキシャで移動。変わらずRs150でした。デリーなどだと、値段交渉をしないと倍ぐらい取られてしまいますが、ケララは何も言わなくてもいつもこの値段。ケララはストレスフリーで移動できます。

列車は30分遅れで到着し、トマスさん家の最寄駅に着いた時は、1時間遅れでした。途中のコッタヤムを出た時にトマスさんに電話をしておいたので、駅まで迎えに来てくださり半年ぶりの嬉しい再会。


途中、SEEDSがサポートをして、ピーナッツ売りを始めた男性に会いました。タミルナードゥ出身で、ダリットの男性です。

砂を熱してピーナッツを入れて炒ります。海の近くの砂で炒るので、自然と塩味のピーナッツができます。私は辛いのをいただきました。熱々で美味しかったです。


ピーナッツ売りは午後3時頃から夜まで。夕方になると小腹を空かせた仕事や学校帰りの人々がたくさん訪れて大忙し。こうしてSEEDSの支援で自立する人々の姿をたくさん見てきましたが、本当に嬉しいことです。

コメント