ダリット村の生活

ケララ5日目はもうデリーに戻る日。でも、午前中は時間があったので、ダリット村へ行ってきました。

いつものようにスジャータが待っていてくれ、チャイを入れてくれました。



去年、SEEDS-INDIAの支援で日用品を売る小さなお店を新しくしましたが、周辺に同じようなお店がたくさん出来て、あまり売り上げがよくないようです。今はスジャータの娘さんがお店を切り盛りしています。



可愛いヤギたちが去年よりたくさん増えていてびっくりしました。広い土地がない村の人々にとって、牛は飼育できないため、少しの土地で飼育できるヤギは生活に欠かせない存在です。


村の井戸。SEEDS-INDIAの施設では何故だか水が来ないため、病院の配給食づくりも大変のようでしたが、村の井戸は今のところ十分に潤っているようでした。


いつもは村の人々が家に戻り、お寺でお祈りがある夕方の時間に行っていたのですが、今年は夕方に来れなかったため、村の人々も仕事に行っており、みなさんに会うことはできませんでした。それでも、何人かには会うことができ、少しの時間を過ごせて嬉しかったです。



コメント