浄化中

まだケララのことで書きたいなと思っていることがあったのですが、絶不調でした。

インドに通うようになって15年。まだ下痢を経験したことがなく、生水を飲んでも何も起こらない。鉄のお腹。昨年からカンジダの症状が出たり、免疫力の低下を感じていたので、今年のインド滞在では、絶対に腸内環境を改善すると意気込んで来ました。

ケララから戻って落ち着いたので、まずはカンジダ・クレンジングのための抗真菌剤をとり始めました。と言っても、インドなので、薬は全部キッチンにあります。シナモン、ターメリック、ブラックペッパー、ジンジャーなどなど。食事も変えました。



そして満月を迎えたホーリー祭の朝になって、絶不調。頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛、悪寒、発汗、発熱。またインフルエンザかと思いました。どうやらダイオフ(カンジダなどの悪玉菌が急激に死滅して、毒素が体内にばらまかれること)の症状がで始めたようです。

ヨガの集中練習に入るときも、ほぼ毎回同じ症状が中間に出ます。きっと身体の浄化が行われているのだろう。ダイオフは2週間ぐらい続く人もいるようですが、私は1週間くらいでだいぶ楽になったので、もうしばらく様子を見たいと思います。


10年以上前にカナダにいた時、周りがみんなグルテンフリーの食事をしていて、なんでだろうと思っていたのですが、今更グルテンフリーを試しています。食事って本当に大事。インドは良いスパイスが簡単に手に入り、食事の面からもヨガに取り組めるので、インド滞在は本当に毎回貴重な時間です。

コメント