マウンテンフライト

本当に楽しかったマウンテンフライトの備忘録を書いておきたいと思います。

私は一足先に友人より早くネパールに到着。次の日に友人が日本からやって来て、カトマンズで合流しました。その日のうちに旅行会社さんを訪ねて、明日のマウンテンフライトを予約。この時期はシーズンも終わり、雨も多く、フライトは当日の天候次第。何日もキャンセルが続くこともあるようで、飛べないかな?と思っていました。

フライトは朝の6:45。次の日の朝、5時前に起床。雨が降っている!もしかして、だめ??と思いながらも支度をし、5:30に迎えに来てもらったタクシーに乗り込みます。

空港についても雨模様。カトマンズが雨でも、エベレスト方面が晴れていれば飛ぶとのことなので、チェックインを済ませて待っていました。マウンテンフライトはいくつかの飛行機会社が朝に3〜4便飛行機を飛ばしていて、空港内も混雑。

なかなか呼ばれないのでだめかと思いましたが、予定の時間を過ぎて搭乗のアナウンス。そしてバスで飛行機まで向かいます。バスの中でもしばらく待ち、ようやく搭乗!1時間くらい遅れました。外はまだ雨模様。


待っている間に眠くなってしまい、ものすごくテンションが下がってしまったのですが、飛び立って突然ヒマラヤが現れびっくり!眠気も吹っ飛び大興奮。

行きは右側に見え、帰りは旋回して左側に見えます。これは行きに見たエベレスト。



離着陸以外の時は、コックピットを解放してくれ、一人一分ずつくらい中へ入れてくれます。みなさん大人で、ちゃんと一分という時間を守って入っていたので、時間が余り、その後は自由に入り放題でした。笑。私たちは一番前の席だったので、コックピットが常に見え放題。でも、窓からもものすごい景色が広がっていて、もうどうしたらいいのかわからない興奮状態でした!


しかも、なんとコパイは女性でした。頭にシンドゥール(朱粉)をつけていたので、既婚の方。結婚してもこんな風にバリバリ仕事しているネパール人女性。素敵です。


コックピットからの眺めはすごいです。


登っている人がいたら見えるのではないかと思うくらい、山を近くに感じます。


本当にきれいでした。


飛行機は15人くらいで飛び立ちます。席はもっとあるのですが、窓側に一人ずつしか座らないように予約を取っているようです。一応、離着陸の時はシートベルトをして座りますが、その後は自由。窓側に自分の席がありますが、小さな機内をあちこち行ったり来たりの大興奮。私が乗った時は、西洋人の家族3人と、私と友人の日本人2人、残りはインド人御一行でした。

女の人が一人案内役で乗っていて、飴や耳栓がわりの綿を最初に配ってくれ、最後にシャンパンまで。本当に贅沢なひと時でした。

フライトは1時間弱です。旅行会社さんで予約をしたフライトは、一人173ドルでした。朝が早いので、私たちはホテルと空港の送り迎えも入れてもらい、フライトが終わるまでタクシーは待っていてくれ、ホテルまで送ってくました。

これからまた節約生活をして頑張ります。

コメント