きれいな空気

そろそろホーリー祭。もうあちこちでホーリー用の色粉や水鉄砲が売られているのですが、年々水鉄砲が進化していくので見るたびにびっくり。かなり強そうなものをあちこちで見かけます。

そして今びっくりするくらい空気がきれいです。デリーでこんなにきれいな空気を感じるのは久しぶりのような気もするほど。

というのも、先週から何日か嵐が来たせい。ヴァラナシにいた時に最初の嵐が来たのですが、それ以来、週末も再び嵐。埃っぽかった空気が一気にきれいになりました。それほど暑くもなく、本当に心地の良い時です。




ヴァラナシでBHU(Banaras Hindu University)の新ヴィシュワナータ寺院を訪れていた時。この後大嵐となり、しばし雨宿り。インドで嵐が来ると、なぜかわくわくします。

ホーリーはまたリシケシで友人のプシュパ達と過ごそうと思っていたのですが、なんだかヴァラナシに行って以来いろんなことが起きたのでじっとしていようと思っています。ヴァラナシ自体全く予定していなかったのですが、急に生と死というテーマがやってきて思い立って行き、その後インドでは不吉とされる日食があり、そしてこの嵐と、自分の周囲に大きなうねりを感じるので、3月中はゆっくり過ごそうと思います。

このタイミングでヴァラナシに行ったのには何か意味があるような気がしてならないのですが、それも神秘の国インドにいるせいかな?(本当はウッジャインのクンバメーラに行く気満々でした。)

コメント