自然と生きる

ケララはまだ雨が降り続いているようです。ケララだけではないようで、インドの各地で洪水被害が相次いているよう。毎年モンスーンの時期はこういうニュースが多くなりますが、農業のほとんどを雨水に頼るインドなので、少なすぎる雨も問題です。

この写真はだいぶ昔に訪れた、デリーの近くの友人宅がある町。デリーからちょっと行くだけで、広大なサトウキビ畑が広がっていて、多くの人たちが農業で生計を立てています。


インドも大変ですが、日本も暑くて大変。

少しずつでも、環境に対する実践をしたいところです。手っ取り早いのは、やっぱり菜食の実践!

畜産は多く土地や飼料が必要で、地球の資源が非効率に消耗されているといわれています。

私も菜食の時の方が断然調子がいいので、一食分だけでも菜食に切り替える人が増えれば、大きな環境保護に繋がると思います!

コメント