新年のお祝い

毎年、可能な時には、病院の配給でクリスマスのケーキを配ります。昨年は、クリスマスではありませんでしたが、12月31日〜1月1日に、新年のお祝いとしてケーキを配ることができました。その様子です。

お年寄りから小さな子どもまで、患者さんと付き添いのご家族、合計で約300人の人々に配ることができたそうです。私も大好きなプラムケーキです。









皆さんと楽しく過ごすトマスさん。差別を受けたり、社会的に受け入れられなかったりする人々にとって、こうして社会に受容されることはとても大切なこと。ケーキはその繋がりをもたらしてくれる橋となりました。

またケーキを配ることができて本当に良かったとトマスさん。皆様のご支援、本当にありがとうございます。

コメント