Inclusiveness

今日は満月。インドはホーリー祭。今年は春分の日に重なって、東京は桜の開花の便りがありました。桜の開花って、こんなに嬉しいんだと、この時期久しぶりの日本で思いました。

ホーリー祭は、どんなに苦しいことがあっても、楽しまないといけない日。どんなに悲しいことがあっても、喜ばないといけない日。どんなに嫌なことがあっても、笑わないといけない日。

でも、そうすると、本当に楽しくなるし、喜びになるし、笑えます。


みんな派手に色づき、誰が誰だかわからなくなるので、見知らぬ人や、普段ちょっと距離を置いてしまうような人ともハグしていたり。

このホーリー祭の一瞬みたいに、インクルーシブな社会になるといいなと思います。

ハッピー・ホーリー!

今週もご寄付をお送りいただきました方、本当にありがとうございます!


コメント