グッドフライデー

昨日はグッドフライデーでした。トマスさんは奥様のサリーさんといつもの通り、デフ・チャーチ(聴覚障害がある人々の教会)を訪問していたようです。デフ・チャーチはSEEDS-INDIAの支援事業の一つでもあります。

黒板や手話を用いたお説教。小さな教会ですが、障害を持ち、差別を受ける人々の拠り所となる場所です。







実は、少し前に、デフ・チャーチのリーダーであるトマスさん(SEEDSのトマスさんとは別のトマスさん)が倒れたというメールをいただいていました。脳梗塞だったようですが、今も意識はなく、昏睡状態。大きい病院を転々としたようで、かなりの医療費がかかっているようです。

奥様も耳の聞こえないダリット出身の方。娘さんは結婚しましたが、まだ学生の息子さんもいます。自分も同じように障害を持ち、差別を受ける身でありがながら、デフ・チャーチのリーダーとして人々を支えてきました。

しばらくトマスさんにはお会いできていなかったのですが、トマスさんはいつも明るくて元気で人々の中心にいたので、なぜかずっと永遠に元気でいるものだと思っていました。言葉が出ないのに、もともと言葉がわからない私などにも、一生懸命に伝えようとしてくれるトマスさん。回復を祈るばかりです。

コメント