鶏小屋の支援

先週送金したご寄付は、水曜日に無事に着金しました!今のところ、毎回滞りなく無事に届いているので本当に嬉しいです。ご寄付をお送りいただきました皆様、本当にありがとうございます。トマスさんから心からの感謝をお預かりしています。

遅くなってしまったのですが、鶏小屋の支援の様子が届いていたのでご報告いたします。支援は5月4日に行われました。







今回来た申し込みは、なんと146個。そして、配ることができたのは24個。9月にもう1度行うことを計画していて、25個を目標にしています。木材を乾燥させなくてはいけないし、外での作業になるので、モンスーンが始まるこれからの時期は作業ができません。

1個6500ルピーだとして、25個で162500ルピー(約270,000円)。作業スペースの関係もあるので、1度にできるのは25個くらいが目安。それでも数はまだまだ足りませんが、特に必要としてる人々を中心に支援を行なっているようです。選ばなければならないのは、本当に苦しいこと。



この写真はいつだかのダリット村の鶏さん。スジャータの家の近くにいたので、もしかしたらスジャータがお世話をしているのかもしれません。愛情をたっぷり受けています。散歩に出かけたり、子どもたちの遊び相手になったり、チャイ(お茶)の席に同席したり、忙しそうでした。

皆様のご支援のおかげで、昨年の豪雨災害以降、生活必需品の支援、住居や地域の清掃や補修、マイクロビジネスの支援と、支援活動は着実に進んでいます。本当にありがとうございます!

コメント