食事のこと・続き


朝はいつもサリーさんと朝食作りから始まります(私は邪魔をしているだけ)。毎回違うものを作ってくださるので本当に楽しみ。

これは南インドの朝食の定番、イドゥリ。お米とお豆を発酵させてペーストにして蒸したもの。蒸したバナナと、ココナッツチャツネと一緒に。




蒸さないで焼いたのがドーサ。




ジャックフルーツの解体中。私が訪問した時はジャックフルーツがちょうど食べごろでした。これはそんなに熟れていないものですが、この後スパイスと混ぜ、シナモンの葉にくるんで蒸してチャッカーアッパムを作ります。(チャッカーはマラヤラム語でジャックフルーツ)




右下のがチャッカーアッパム。シナモンの葉っぱの香りと、混ぜられたスパイスの香りが絶妙です。その隣はプットゥ。米粉とココナッツパウダーを混ぜて蒸したものですが、今回はブラウン・プットゥ(ブラウンライス)でした。



毎日よく食べよく動き、毎回ケララでは本当に充実した日々を過ごさせていただいています。


コメント